GOOD JOB

タクシードライバーに転職する方法【未経験でも簡単スタート】

サービス力で勝負

タクシードライバー

人相手の職業で笑顔に

タクシードライバーの募集はたくさんあります。もし転職を希望している方は、タクシードライバーはいかがでしょうか。タクシー会社は一部ではブラック企業というイメージもありますが、それはほんの一部の企業です。1日の勤務時間はたしかに長いものの、通常は隔日で休めますし未経験でも稼げる職業ですので転職者にとってはありがたい業界です。なぜ今、タクシードライバーが必要とされているのでしょうか。飲酒運転の取り締まりが一層厳しくなる中、飲んだ後に乗るタクシーの需要は年々高まるばかりです。また、高齢者が多くなり通院のためのタクシー利用者も多くなっています。タクシー運転手は他の業界から未経験で転職してくる場合が多く、イメージと実際の業務が違って離職してしまう方は確かに多い業界なのですが、お客様の需要が減っているわけではないので常に人材不足なのです。東京オリンピックが数年後に控える中、とくに東京都内で今後、より多くの需要が見込める業種です。タクシー会社にとっては、稼働していない車両は在庫のようなもの。一台でも多く長く稼働できればその分、会社全体としての売り上げは増えます。ですので人材はいくらでも欲しいのです。しかし、いくら人材不足といってもお客様と、また会社と問題を起こしそうな方は会社側も採用できませんね。普通免許、第二種免許をお持ちの方で真面目な方であれば、タクシー会社は大歓迎ですので、転職をお考えの方はぜひご検討ください。

勤務や給与体系から探す

ハンドル

東京は人口だけではなく、働きに来られている方も多いので、いつでもタクシーは必要とされています。需要の高い分野なので、タクシードライバーとして働くことには価値があります。働き方や給与体系、エリアなどから求人情報を考慮し、タクシードライバーとして社会貢献しましょう。

ドライバーの働き方

女性

条件をクリアすることができれば法人ではなく個人タクシーとして開業することもできます。個人のメリットは利益がすべてそのまま自分のものになるということです。その代り経費なども実費になりますから注意しましょう。

ドライバーの仕事の選び方

模型

ドライバー求人では、好条件な記載があっても必ずその通りになるとは限らないのでそこは気を付けましょう。特に条件や待遇が曖昧だったりする時は要注意です。また住居の補助や仕事の拘束時間も重要なので、面接に及ぶ際は直接確認してきましょう。